事業内容

海外事業部

確かな技術と対応力で
国づくり、街づくりを推進
“小島組ブランド”で世界へ

2013年.小島組は新たなビジネスの場を求め、海外進出を果たしました。アジア各国を視察し、この数年、目覚ましい経済成長を続けるカンボジアの首都プノンペンに、100%子会社である「コジマグミカンボジア」を設立。確かな技術、高い品質、お客様からの厚い信頼を守る“小島組ブランド”を武器に、世界各国での土木・建築事業の拡大を目指しています。

現在は、その第一段階として、小島組ブランドを継承する優れた技術者の育成に注力。現地の大学で工学部建築土木学科を卒業した優秀な若者を積極採用し、日本の土木・建築現場の最前線で、実践的な日本語から様々な技術と知識、仕事に対する姿勢などを学んでもらっています。

国や県、市と協力しカンボジアの現地調査を
実施。社会問題の解決に貢献

2019年までは、人材育成を進める傍ら、JICA(独立行政法人国際協力機構)からの依頼で、医療廃棄物の処理事業に先立つ現地調査を行ったり、日本とカンボジアの二国間における、都市廃棄物を利用したメタンガス発酵・発電事業の事前調査に協力するなど、国際組織からの要請による大規模な調査業務を主に請け負ってきました。
豊富な知識と優れた語学力を有する小島組カンボジアのスタッフが調査の現場を取り仕切ったり、また内外の専門家が出席する会議や調査チームの現地視察をアテンドするなど活躍。カンボジアが抱える社会問題の解決に貢献してきました。

小島組カンボジア

あらゆるノウハウを教育し
世界に通用する優秀な技術者を育成

現在はコジマグミカンボジアで採用した2名の若者を本社で受け入れ、土木・建築の現場を教育の場として、実務研修を行っています。彼らは高学歴なうえ、学習意欲が非常に高いため、教えられたことを次々と吸収し、また、現場での積極的なコミュニケーションを通じ、日本語もかなり上達しています。

日本滞在中は社宅の貸与や社内行事への参加など本社社員と同様の待遇で、小島組ならではのアットホームな雰囲気の中、明るく現場を学んでもらっています。1人前の現場監督として認められるには長い年月を要しますが、やがて彼らが独り立ちできる力を身に着けた時にはカンボジアに戻り、コジマグミカンボジアの土木・建築事業を牽引してくれることを期待しています。

小島組カンボジア
小島組カンボジア

日本とカンボジアの文化交流の懸け橋に

近年では、宮ケ瀬湖畔の野外音楽堂を会場にカンボジア交流イベントを開催しています。カンボジアに新たな拠点を設立したことを一つの縁として、小島組創業の地である厚木近郊の方々にもカンボジアの魅力をしていただきたいと、カンボジアより来日したアーティストが参加する音楽ライブなどを行っています。

急速に発展するプノンペンを拠点に世界中で小島組の力を発揮
さらなる飛躍を目指す

コジマグミカンボジアの設立は、ここから進めていく海外事業のはじめの一歩にすぎません。今後は、プノンペンを拠点に近隣の国々へもアプローチ。海外におけるブランド力の高い日本の土木・建築技術と、小島組ならではのハイレベルな人材、技術力を駆使し、さらに多くの国や地域で、豊かな生活を支える街づくりに貢献していきます。

小島組カンボジア