仕事を知る

建設事業本部 建築部

朝長さん  2015年入社

「よい現場」づくりのため、施工現場の司令塔として、また潤滑油として活躍

仕事内容

小島組は大規模な施設の新築から、リフォームまで幅広くお受けしていますが、私が所属する建築部が手掛けるのは、主に施設やテナントビルの新築、リニューアル工事です。施工管理の仕事は、お打合せで施主様のご希望を伺い、方向性を決めてから、予算作成、現場の人員構成、スケジュール管理、そして細かな施工作業の指示と、施工工事の立ち上がりから竣工まで、監督の立場としてすべての工程に携わります。そのため、各所との密なコミュニケーションはとても大切にしています。

この仕事をしながら実感するのは、よい物件はよい現場から生まれるということ。そのため、施主様の希望を最適なかたちで具現化するために、私たちは徹底的に現場を把握し、工程を綿密に組み立て、ミリ単位で施工作業を指示していきます。

決して楽な仕事ではありませんが、自分の指揮で施工現場がスムーズに進行するのを目の当たりにしたり、何より完成した物件を施主様に喜んでいただけた時はとてもやりがいを感じます。

1日の主なスケジュール

8:00

朝礼、各作業の管理など

その後、現場の巡回

11:30

昼礼、翌日の作業や工程確認

その後、各現場の図面確認や施工図面の作成

15:00ごろ

現場巡回

17:30

夕礼、翌日作業の確認、現場の状況確認

入社のきっかけ

父が建設会社を営んでおり、建築という仕事は幼い頃から身近にありました。いつかは自分も建築に携わる仕事に就きたいと建築学科がある大学へ進学し、施工管理でも、設計でも、どんな職業でもいいから建築に関わる仕事がしたいと希望してきました。そんな意気込みで就職活動をする中で、“地元密着”“100年以上の歴史”というところに大きな魅力を感じたのが小島組。地元で有名ですし、昔からなじみ深かったことも決め手になりました。

達成感を感じたこと

やはり、自分のイメージ通りに現場が進行していると実感できた時です。私たちの仕事は、知識の深さも必要ですが、広さも必要。広く知識を学んでいくほど、先が読みやすくなって、長い工程におけるポイントがわかってきます。「朝長さんのおかげで無事に完成した」と面と向かって言っていただけることもありますが、自分の管理によって現場がうまくまわっていることは、自分自身で実感できることもあるので、多くの人の作業が自分の監督のもとスムーズに進行した時には、達成感とともに、成長感も感じられます。
image
image

小島組の社風

上司との距離が近くて、堅苦しい雰囲気もなく、先輩方は日々忙しい中、私たち部下一人ひとりをとてもよく見てくれます。また、これだけの規模の企業だと、他部署とあまり関わりがなかったり、自分の部署の仕事しか把握できないことが少なくないと思うのですが、小島組は部署間の風通しが非常によく、大きな物件にも皆が一丸となって取り組むことができ、ものづくり、そして街づくりの一翼を担う企業として、とてもいい環境だと思います。

今後の目標

新築物件を管理し、施主様や設計士の方にもご満足いただける仕事をすることです。最近は業界全体でリノベーションやリフォームの案件が増えているようですが、大規模な新築物件に携われるチャンスが得られやすいのも、小島組のよいところ。これからももっといろいろな物件を任せてもらえるように頑張りたいです。

就活中の方へメッセージ

いわゆる「現場監督」の仕事というと、職人気質の厳しい先輩方に囲まれ、それどころか上手にコミュニケーションをとりながら指揮していくのが大変そうと思われるかもしれません。しかし、コミュニケーション力は仕事を通して自然と培われていきますし、現場の方々とはお互いに尊敬の念をもってつながれます。そんな現場で、建築という大きなものづくりに携わっていけるのはとてもやりがいがあるので、皆さんにもぜひチャレンジしてほしいです。